特定のタイプの AWS 認定を選択する方法を教えてください。

Christine Avery
Christine Avery
  • 更新

AWS 認定試験バウチャーは、レベル別に購入します。そのレベルに対応するどの試験にもご利用いただけます。購入時に試験を指定する必要はありません。

AWS 認定試験

ファウンデーショナルレベル、アソシエイトレベル、プロフェッショナルレベル、専門知識から選択してください。また、ピアソン VUE か PSI のテストセンターを選んで受験登録ができる認定試験バウチャーを購入することもできます。Xvoucher では模擬試験やベータ試験のバウチャーは購入できません。

AWS 認定試験バウチャーは、試験のレベル別に購入できます。特定の試験専用ではないため、柔軟にご使用いただけます。

例えば、10 人の従業員にアソシエイト認定試験を受けさせたい場合は、アソシエイトレベルのバウチャーを 10 枚購入します。その後、アソシエイト認定レベル (ソリューションアーキテクト、デベロッパー、または SysOps アドミニストレーター試験) の範囲内で、どの認定試験を受けるかを選択できます。誰がどのアソシエイト認定試験を受けるのかを事前に把握する必要はありません。

roadmap_March_2020__1_.webp

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?

1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています