AWS 認定試験バウチャーの受験者試験レポートには何が表示されますか。

Christine Avery
Christine Avery
  • 更新

AWS アカウント管理者は、ピアソン VUE 試験バウチャーおよび PSI 試験バウチャーの追跡情報を表示できます。

[Track (追跡)] > [Candidate (受験者)] > [Exam Voucher (試験バウチャー)] の順に選択します。

検索フィルター:

検索フィルターを使用して、レポートに表示する結果を絞り込むことができます。フィルターを選択したら、[Get Report (レポートを取得)] ボタンをクリックして受験者試験バウチャーレポートを読み込みます。

注:また、フィルターを指定せずに [Get Report (レポートを取得)] をクリックすると、フィルターなしのレポートを取得できます。

レポート機能の概要をご覧ください。

2021-01-13_16-51-04.webp

定義:

Select organization (組織を選択)

カスタマー管理者が複数の組織の代表である場合、割り当てられた AWS 認定試験バウチャーのステータスを表示するには、1 つの組織を選択する必要があります。

Candidate Email (受験者の E メール)

バウチャーが割り当てられた受験者/エンドユーザーの E メールアドレス。

Assigned Date (割り当て日)

商品が受験者に配布された日付。

Order Date (注文日)

バウチャーの注文が承認された日付 (Xvoucher が支払いを受領した日付)

Event Date (イベント日)

受験者が受験を予定している日付。バウチャーが現在、予定された試験に関連付けられていない場合、このフィールドは空になります。この列にフィルターが適用されている場合、イベント日がないバウチャーは表示されません。

Registration Date (登録日)

受験者がバウチャーを使用して受験登録を行った日付。バウチャーが受験登録に使用されていない場合、このフィールドは空になります。この列にフィルターが適用されている場合、登録日がないバウチャーは表示されません

Current State (現在のステータス)

すべてのバウチャーにはステータスがあります。表示するステータスを選択します。[Current State (現在のステータス)] の定義は次のとおりです。

Current State (現在のステータス):

バウチャーの現在のステータスでレポートをフィルタリングできます。

image-png-Jan-05-2021-03-11-00-37-PM2.webp

Issued (発行済み)

受験者にバウチャーが発行されましたが、受験登録が行われていません。

Issued (Legacy) (発行済み (レガシー))

レポート機能の強化前に発行された PSI バウチャーおよびピアソン VUE バウチャー (このステータスは更新されません)。

Registered (登録済み)

受験者は現在、受験登録済みです。

Issued (Registration Canceled) (発行済み (登録キャンセル))

バウチャーの登録がキャンセルされました。バウチャーは再予約に使用できます。

Issued (Event Canceled) (発行済み (イベントキャンセル))

試験がキャンセルされました。バウチャーは再予約に使用できます。

Issued (Event Missed) (発行済み (イベント欠席))

受験者は試験を欠席しました。バウチャーは再予約に使用できます。

Used (Registration Canceled) (使用済み (登録キャンセル))

バウチャーの登録がキャンセルされました。バウチャーは再予約に使用できません。

Used (No Show) (使用済み (無断欠席))

受験者が試験を欠席しました。バウチャーは再予約に使用できません。

Used (Event Canceled) (使用済み (イベントキャンセル))

イベントがキャンセルされました。バウチャーは再予約に使用できません。

Delivered (利用済み)

試験が提供されました。

注:

すべての (PSI およびピアソン) バウチャー:01/14/2021 より前に行われた注文は "Issued (Legacy)" (発行済み (レガシー)) となります。

すべての (PSI およびピアソン) バウチャー:01/14/2021 以降に行われた注文は、最初は “Issued” (発行済み) となり、アクティビティに基づいて更新されます。

列の説明:

[Get Report (レポートを取得)] をクリックすると、バウチャーそれぞれに関連付けられた詳細が表示されます。これらの列の説明は次のとおりです。undefined-13.webp

Voucher Code (バウチャーコード)

受験登録に使用する試験バウチャーコード。

Current State (現在のステータス)

レポートの生成時点のバウチャーのステータス。[Current State (現在のステータス)] の定義 (アンカー)。

First Name (名)

バウチャーが発行された受験者の名

Last Name (姓)

バウチャーが発行された受験者の姓。

Email (E メール)

バウチャーが発行された受験者の E メールアドレス。

Assigned Date (割り当て日)

商品が受験者に配布された日付。

Voucher Issued (バウチャー発行日)

受験者がバウチャーを受け取った日付。通常、[Assigned Date (割り当て日)] と同じ日付になります。受験者に「プロバイダーを選べる」バウチャーが割り当てられた場合、受験者が配信プロバイダーを選択するまでバウチャーは [Voucher Issued (発行済みのバウチャー)] になりません。

Item (商品)

購入され、受験者に配布された商品の名前。「プロバイダーを選べる」の場合は、受験者が選択した商品の名前になります。

Order Id (注文 Id)

バウチャーに関連付けられた請求書番号

Order Date (注文日)

バウチャーに関連付けられた注文が承認された日付 (通常は支払いの受領日)。

Registration Date (登録日)

受験者がバウチャーを使用して受験登録を行った日付。バウチャーが受験登録に使用されていない場合、このフィールドは空になります。この列にフィルターが適用されている場合、登録日がないバウチャーは表示されません。

Consumed Date (使用日)

バウチャーが使用されたと見なされる日付。バウチャーが使用されたと見なされる日は次のとおりです。

Delivered (利用済み):受験者が試験を受けました。 Used (Registration Canceled) (使用済み (登録キャンセル)):登録がキャンセルされました。バウチャーは再予約に使用できません。

Used (Event Canceled) (使用済み (イベントキャンセル)):受験者が試験を欠席しました。バウチャーは再予約に使用できません。

Used (No Show) (使用済み (無断欠席)):受験者が試験を欠席しました。バウチャーは再予約に使用できません。

Expired (期限切れ):バウチャーの有効期限が切れており、もう使用できません

Event Date (イベント日)

バウチャーを使用して登録された試験の日付。

Expiration Date (有効期限日)

バウチャーの有効期限が切れて無効となる日付

Site ID (サイト ID)

バウチャー利用サイトの一意の ID。この ID は ピアソン VUE または PSI によって決定されます。

Selected Product (選択された商品)

これは、バウチャーが利用された試験です。

Unit Price (単価)

バウチャーの定価 (割引なし)。

Currency (通貨)

このバウチャーに関連付けられた注文の支払いに使用された通貨。

Discount (割引)

受験者が使用時に受ける割引。

Xvoucher

Xvoucher システム内で購入され、受験者に配布された商品の一意の ID。

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?

5人中1人がこの記事が役に立ったと言っています